アメブロツールをわかりやすく比較ランキングで紹介!

アメブロツールをわかりやすく比較ランキングで紹介!

アメブロ集客における読者登録の重要性

スマホでアメブロを利用しているユーザーだけでも、2015年時点でも2700万人もいることが公式の発表で明らかになっています。

 

有名人の積極的起用によって、ユーザーを集めることに成功したアメブロの圧倒的盛り上がりは見逃すことはできません。

 

市川海老蔵さんなどもアメブロユーザーですし、最近では元スマップのメンバーもアメブロを開始したようですので、今後も盛り上がりは衰えず、逆にますます盛り上がっていく可能性も大いに感じられます。

 

これだけの人が集まっていて、盛り上がっていて、無料で使えるブログサービスなので、集客に積極的に活用したいものです。

 

そして、実際に現時点で既に集客に活用していらっしゃる方もいるかもしれませんが、このときに重要になってくるポイントがいくつかあります。

 

アメブロの読者登録機能

 

そのうちの1つが、今回の「読者登録」です。

 

アメブロはたしかに非常に多くのユーザーがいるものの、ただ記事を更新するだけではなかなか多くの人に集まってもらうことは難しいのが現状です。

 

今ではリブログという機能もあるので、ヒットした場合にはその拡散機能によって非常に多くの人に訪れてもらえる可能性もありますが、なかなか狙ってそのヒットを生み出すのは難しいものがあります。

 

そこで、着実に人を集めていくことのできる方法として「読者登録」という方法があります。

 

スパム防止のために「読者登録」は1日の上限が50件となっていますが、1日最大50人にアプローチすることができます。

 

また、この読者登録も「相手に知らせて読者登録」という選択が可能で、その選択をすると、登録時に「相手に通知」することができます。

 

先にも挙げた通り、非常に多くのスマホユーザーがいるアメブロでは、この通知がスマホに直接届きます。そしてその際、「どんなブログのだれが登録したのか?」を確認できる仕様になっているので、相手に自分のことを知ってもらうことができます。

 

読者登録機能だけでも月に1500人にアプローチ可能

 

1日50人にアプローチできるだけでもそれなりの数ですが、これが仮に1ヶ月となったときには、50人×30日=1500人となります。

 

月に1500人にアプローチできるというのは非常に大きいですね。

 

交流会やパーティーなどのオフラインだと、1日に50人もの初対面の人と出会うことはなかなかに難しいと思います。

 

1ヶ月で集客効果を実感

 

現在では、この読者登録自体の労力も軽減してくれる有用なツールが出ていますので、1ヶ月〜3ヶ月ほど試してみる価値は大いにあります。

 

いくつかの会社のツールがありますが、そのいずれも月の利用料金は交流会やパーティーの1回の参加費以下となっていますので、非常にそういったコスト面でも優れていると思います。

 

それらツールを比較したサイトがありますので、最後にそちらを紹介して終えたいと思います。

 

アメブロツール比較ランキング


ホーム RSS購読